代表メッセージ

国立成育医療研究センター「もみじの家」が、2016年4月にオープンいたしました

1458089597

この「もみじの家」は、自宅でなんらかの医療的ケアを行っている子ども達とその家族をサポートする施設です。成育は高度先駆的医療を推進して、重症 なお子さん達、難病のお子さん達を救うための医療、研究を行う機関です。その成育が、上記を目的とする「もみじの家」を併設して運営するまでに至るには 色々なことがありました。

その一番の理由は、多くの子ども達を救命できるようになりましたが、残念ながら、何らかの医療を自宅でも継続しなければならない子ども達が増えてきたことです。

国立成育医療研究センターの外来に通っている在宅人工呼吸器を装着している患者さんの数は100名を超えています。日々、ご家族の努力は大変なこと と思います。自宅でもなんらかの医療を必要とするという結果に至ったことについて、私達、医療側、特に高度先駆的医療を使命とする病院は、真摯に受け止め なくてはなりません。

私達は、在宅医療ケアを受けている子ども達と家族をサポートすることは高度先駆的医療を推進することと同等の使命であると考えます。言わば、この2つは車の両輪です。

「もみじの家」は英国の“子どもホスピス”をモデルにした医療型短期入所施設です

image

賀藤 均
国立成育医療研究センター 院長

英国では、寄付金によって、ボランティアの方々を中心に運営されています。英国のような施設は、まだ日本にはありませんし、レスパイトケアのみを 行う施設ではありません。私たちは「もみじの家」をご利用いただく子ども達、ご家族だけでなく、「もみじの家」で働くボランティアの方々を含めたスタッフ も「心が暖かくなる」施設を目指しています。とは言え、オープンすれば、日々、スタッフは忙しく働くことになりますが、理想は高く持とうと思っております。

「もみじの家」は100%民間の方々から寄付で、もうすぐ立派な施設が完成します。運営資金の多くは、今後も、ご寄付に頼っていかなくてはなりません。そのため、すでに、多くの方々が、ご自分の時間を費やして協力してくださっています。このような輪を、もっと広めていけるよう、精進して参ります。

わが国の小児医療と福祉の歴史から見ても極めて画期的な事業で、職員だけでなくセンター外の多数の方からの御支援を得て開始することができる事業です。本事業を推進することで我が国の小児医療と福祉を大きく変えたいと祈念します。

賀藤 均 プロフィール

1981年 新潟大学医学部卒業、1981年 東京大学医学部小児科学教室入局後関連病院に勤務
1985年 トロント大学医科学研究所留学、1987年 青梅市立総合病院小児科
1987年 青梅市立総合病院小児科
1989年 帝京大学医学部附属病院小児科助手
1992年 東京大学医学部附属病院小児科助手
1996年 東京大学医学部講師
2004年 東京大学医学部附属病院小児科副科長
2008年 国立成育医療センター循環器科医長